« パトリシア・ハイスミス | トップページ | そして、マルさんにお会いするなんて! »

二人のケイト

100%失望することのない女優にメリル・ストリープがいる。どんな役も見事に演じる当代一の名優だと思う。そこに最近新たに二人の女優を入れたい。一人はケイト・ブランシェット。そしてもう一人はケイト・ウィンスレットだ。

ケイト・ブランシエットは今やカンヌ映画祭の審査員を務めるほどの重鎮だ。彼女が演じた「エリザベス一世」は圧巻だった。それだけではない。現代女性を演じた作品の、どれもこれも印象的だ。少しどすの利いた低音の声と、陰影のある眼差し、見事に変化する表情は、サスペンスフルでいてセクシーで、観る者を惹き込まずにはいられない。

片や「タイタニック」で一躍その名を知られるようになったのがケイト・ウィンスレット。最近ではウディ・アレンの最新作「男と女の観覧車」を観た。私が彼女の演技で忘れられないのは、なんといっても「The Reader」。邦題は「愛を読む人」。この映画は彼女の存在感なしでは語ることのできない秀作だと感じている。ナチス時代のドイツで生きる、文盲の女性と20歳程も歳の離れた少年との、ひと時の情愛を描いたものだが、それはストーリーの始まりに過ぎない。第二次世界大戦後に二人はナチスの戦犯と、法科の学生として法廷で壮絶な再会をすることになる。

生涯を振り返ってみると、一体どれだけの作品を観たのだろうか!?一時はお勧め映画リストなどを作って、映画好きな人に出会うと手渡したりしたものだ。しかしそれらはいまや、すべてが淘汰されて、青く光る隕石の塊のようになり、ひとつひとつを思い出すこともあまりない。古今東西いい映画は枚挙に暇がないからだ。

最近では映画を観ても秀逸!と太鼓判が押せる作品も少なくなってきた。年を重ねて、感受性が鈍ったのか、作品の洪水の中で感動する映画に出会う機会がなかなかない。賞レースを勝ち抜いた作品でさえ、大抵が観終わった後に、いまいち感が残る。

そして、男優よりも女優のほうに、名優が多いと感じる昨今でもある。

|

« パトリシア・ハイスミス | トップページ | そして、マルさんにお会いするなんて! »

コメント

お久しぶりです。映画話題、良いですね。しゅかさんの「お薦めの映画」懐かしいです。
最近、プールのお仲間とも映画話題で盛り上がりました。60代後半から70代半ばの人たちですので、同じような映画を見ています。
一人が「ウエストサイド物語」を娘さんと見に行くとかで、なつかしい歌に、俳優さんたちに夢中になったことを懐かしく思い出しました。多分、アメリカ文化をシャワーのように浴びた世代でしょう。


メリル・ストリープ、彼女のファンは多いと思います。私もその一人です。私の記憶が間違っていないのなら、
「ホロコースト」で、ユダヤ人と結婚したドイツ女性を演じていたと思いますが・・・収容所に入れられた夫に会うために、収容所の看守に身を任せる、切ない役柄だったと思います。
長い間見ることのできなかったベトナム戦争の映画「Deer Hunter」をベトナムにいる時に見ました。とても印象深い作品です。1970年代のアメリカの社会が懐かしいです。

ケイト・ウィンスレットの「The Reader」を見ていて、
ふと、泉鏡花の「婦系図」の作品を思い出しました。
「アイリス」で若い時の奔放な役柄を演じていたのを思い出しました。
最近、あまり映画をみなくなりましたが、やはり、映画は良いですね。

しゅかさんが「映画」話題を提供してくれて嬉しいです。

投稿: Rose | 2018年8月 8日 (水) 22時57分

>婦系図

でなく、「滝の白糸」でした。

泉鏡花の作品に一度嵌りましたが、やはり記憶があいまいになっているようです(;^_^A失礼しました。

投稿: Rose | 2018年8月 8日 (水) 23時06分

Roseさん、お元気ですか?
久しぶりにお声を聞けた気分で、うれしいです。
昨日は、日々の仕事と子育てでストレス満載の娘に
付き合って「ミッション・インポッシブル」を観てきました。
今回はパリの街角が随所に出て来て、楽しめました。
娘曰く「2時間はすっかりアクションの中に嵌っていた!」。
映画は暑気払い効果ありです。

「Dear Hunter」もう一度見たくなりました。ベトナム戦争を
描いた秀作は多いです。ちょうど学生時代だったことも
あり、
アメリカ社会の暗部に触れていくきっかけとなります。
それとご指摘の「滝の白糸」、そういえば「The Reader」に
重なるものがありますね。
でもRoseさんに指摘されるまで気づきませんでした。

東西ドイツがある頃の映画にもいいものが多々あります。
メジャーではありませんが、東から西へ脱出する「トンネル」が
思い出されます。
題名は忘れましたが、ニュースを操作されていて、既に
西側社会になっていたのに、そのまま暮らす東側の人の
日常を描いたユーモラスな映画もありました。

ホロコースト系の映画は数えきれないほど観ています。
「シンドラーのリスト」に代表されるような作品群は、大抵
が人の心を震撼とさせるものばかりですが、作品の数が
多い分、世の中の人々の認知度が高く、その後の文明や
文化に大きな影響を与えていますよね。

投稿: しゅか | 2018年8月10日 (金) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人のケイト:

« パトリシア・ハイスミス | トップページ | そして、マルさんにお会いするなんて! »