« 2019年1月 | トップページ

15歳の孫と行くシンガポール

初孫のRが今日公立高校の入学試験だった。数学がとりわけ難しいランクの高校を選んだのも、やはり高校生活でラグビーをしたいという一念からのようだ。

結果が出るまでのこの週に、すでに昨年夏にフライト・チケットを購入していたシンガポール旅行をすることになった。ビルの屋上にあるプールで泳ぎたいことと、アジア一のエスニック・メルティング・ポットを観光するのは、15歳の少年にとっては格好の場所かもしれないと考えたからだ。

英語力にも自信がある!?ということなので、短い期間ではあるが、いろいろな体験をさせたいと楽しみにしている。ツアーによく入っている有名スポットは極力避けて、様々な人種が生きる活力を、街歩きの中から感じとってほしい。そして英語にもさまざまな英語があることもにも驚くはずだ。

まずは空港でシンガポール・ドルに換えて、彼に経理担当をさせたいと思っている。身長も180センチ近くになり、高校に入学するとハードな部活と、3年後の大学入試もあっという間にせまってくるはず。のんきに祖母と行く海外旅行はもうめったいないはずだ。なにより私の方が、楽しい想い出を作りたいとウキウキしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉三郎さんの「阿古屋」

もしかして玉三郎さんの「阿古屋」は見納めかと、春浅い京都・南座へ。

「阿古屋」とは、享保17年に大坂竹本座で人形浄瑠璃として初演され、歌舞伎の演目となった「壇浦兜軍記」の中の、白洲での詮議の場面『阿古屋』のみを抜粋したものです。平家の武将・平景清の愛人である遊女阿古屋の役は、舞台での立ち姿はなく、座したまま、琴、三味線、胡弓の演奏をするという格別な技量を必要とし、二十年以上の間玉三郎さんが一人で演じてきた難攻不落の女形の役どころです。昨今なんとか継承する役者を輩出。玉三郎さんの熟練された演奏と、十八番である傾城の艶をしっかりと見納めてきました。

20近く前に、今は亡き十八代目中村勘三郎さんを相手に【籠釣瓶花街酔醒」の中で演じられた遊女・兵庫屋八ッ橋の、あまりにもの艶やかさが目に焼き付いて離れない私ですが、今回65歳になられた玉三郎さんの「阿古屋」もさることながら、昨年新作舞踊として初演されたという「傾城雪吉原」の幽玄な美しさは、最早この世のものとは思えませんでした。

中学生のころから南座へ連れて行っていた長女は、長じて近世文学者となり、歌舞伎を講じることになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ